産後骨盤矯正

産後矯正

1. 妊娠中の体の変化について

妊娠してから3ヵ月ぐらいで骨盤周囲の靭帯を緩める「リラキシン」という女性ホルモンが分泌されます。
このホルモンの作用で徐々に骨盤が広がり出産時の赤ちゃんの通り道を作ります。
しかし、靭帯が緩み関節の安定性が低下することで普段より体は歪みやすくなり更に妊娠時特徴的な代償動作や姿勢を取ることで歪みは強くなります。

(特徴的な姿勢・代償動作の例)
・赤ちゃんが成長する過程でお腹が重たくなり体の重心をコントロールするために上体を大きく後ろに反らせる。
・腹部に赤ちゃんがいる事で足が閉じにくくなりあぐら姿勢やガニ股で歩くことが増える。

これらの日常生活動作や姿勢を繰り返しとる事で腰痛や肩こり、冷え症や足のむくみなどの症状を引き起こしてしまいます。
当院では、妊娠時期に伴い心身の状態に合わせた適切な体のケアでより元気な赤ちゃんが生まれるようサポート致します。

2. 出産後体はどうなる?

出産後は、骨盤周囲の靭帯・筋肉が緩みグラグラと不安定で骨盤は開き歪んだ状態です。
大きく開いた骨盤は歪みが生じ、自然に妊娠前の体型に戻ることはなく歪んだ状態で固まってしまいます。
また、骨盤が開き内臓が重力で下がる事で消化不良を引き起こし食欲不振になったり、出産後のホルモンバランスの急激な変化や授乳・夜泣きなどによる睡眠不足で自律神経が乱れ、慣れない育児に対する緊張感などで心身共に疲労が蓄積しやすくなります。

3. 産後骨盤矯正はいつから良い?

産後2ヶ月~6ヵ月まではリラキシンの影響で靭帯が柔らかく最も骨盤矯正の効果を出しやすい時期です。
この関節が緩い時期だからこそ、妊娠前より健康で綺麗になれるチャンスです。
ぜひこの時期を逃さず、産後骨盤矯正を受けていただくことをお勧めします。
6ヵ月以上過ぎていても産後骨盤矯正は可能ですのでご希望の方はお気軽にご相談ください。

4. 産後矯正をしない事での影響

・骨盤が開き内臓が重力で下がり消化不良がおこる
・より便秘になりやすい
・お尻が大きく見える
・尿漏れしやすくなる
・姿勢が崩れ腰痛、股関節痛、肩こりがひどくなる
・筋力と内臓の働きが弱くなり基礎代謝が下がる
・O脚になりやすい

5. 産後骨盤矯正をする事でのメリット

・内臓が正しい位置で機能し栄養素の吸収が良くなり腸内環境や基礎代謝が上がる
・骨盤が安定し腰痛、股関節痛、肩こりなどの症状を防ぐ事ができる
・出産前より体形が細くなる
・尿漏れを改善できる

6. 通院の目安

最初の1ヵ月は矯正してもすぐに戻りやすい時期なのでなるべく間を空けないように1週間に2~3回の来院をお勧めしております。 その後は経過を見ながら1週間に1回、2週間に1回と少しづつ来院の間隔を空けて体のケアを行いましょう。
※患者様の生活習慣に合わせた無理のない来院頻度の提案もさせて頂きますのでご安心ください。

7. 産後矯正の流れ

①カウンセリングと評価

・食事、睡眠時間、仕事などの生活スタイルと現在の骨盤周囲の歪み方や痛みの原因を評価して負担の少ない施術内容と来院頻度など今後の流れについてご説明させて頂きます。



②施術内容

・産前産後の体の変化により過剰に働いて緊張している筋肉や歪んで動きが硬くなっている関節部分を手技治療や最新医療機器を使用して緩めていきます。
当院の産後矯正は、ボキボキ鳴らさない体の負担を最小限にした矯正なのでご安心ください。



③骨盤周囲の簡単なトレーニング

・EMSの電気刺激を組み合わせたトレーニングで妊娠中に緩んでしまった筋肉(おなか、お尻、骨盤底筋群)に刺激を加え正しい骨盤の位置を持続できる身体をつくります。 骨盤を正しい位置に矯正するだけで緩んでしまった筋肉を鍛えていかないと、せっかく矯正した骨盤も元に戻ってしまいます。



④自律神経の調整

・家事や育児による緊張と睡眠不足による自律神経の乱れを電気刺激が全く感じない最新医療機器で整えます。



⑤正しいベルトのつける位置を指導

・当院で購入されたベルトもしくはご持参いただいた骨盤ベルトやトコちゃんベルトで正しい位置で骨盤を締めれるように指導致します。
骨盤ベルトで左右から締める事で骨盤の開きを抑制し、安定性を出す事で様々な体への影響を防ぐ事が出来ます。



⑥ご自宅で出来るセルフケア

ご自身でできる簡単なストレッチや普段の生活の中で骨盤を歪ませてしまう原因となる日常生活動作なども丁寧にアドバイス致します。


パーソナルトレーニング&再発させない身体つくり
問い合わせ